あなたならどうする

 

 私の可愛い姫ちゃんは お医者様の言うとおりに利尿剤多くしてどうにか

 元気復活しました。

 めしくれ〜 おやつくれ〜 といつもの賑やかな姫ちゃんに戻りました。

 よかった ヨカッタ ♪ とは言え心臓病が治った訳ではないので

 これからも ずーと薬と獣医さんのお世話になる訳ですが。

 

 さて

 姫と同じ キャバリアちゃんがずっとまるまる太り気味でした。

 食事の量を減らしても ちっとも痩せない。

 一年前くらいから 急に太りだして でもパワフルで元気。

 食欲はあり 他のワン達と走ったりもみあったりと楽しそうにしています。

 

 ただ 便秘ぎみでうんちスタイルをしても出にくそうだったり

 オシッコも何度も何度もしますがチロリン程度だったりでした。

 

 そのうち お腹がとても大きくなってパンパンに貼ってるように感じられたので

 便秘で お腹が張ってるのかなぁと 思ってお医者さんにいきました。

 

 お医者さんは そのお腹を見て 顔を曇らせました。

 レントゲン エコー 血液検査 

 そして 言いました。

 肝臓に腫瘍があるように思う。そしてレントゲンとエコーの画像を

 見せて 腹水 胸水がたまっている。

 

 その腹水を注射針で抜いてみると赤い色をしていました。

 腹水には血が混ざっていたのです。

 どうやら 腫瘍がやぶけて出血しているようだと。

 そこまでは わかるが肝臓 もしくは脾臓も悪いかもしれないが

 CTスキャンで見てみないと腫瘍の状態がわからない。

 

 出血が 少しづつでとまればいいがこのまま出血しつづけると

 急に容態が悪くなることもある。

 手術をするにも肝臓などの場合は その途中で死ぬこともある。

 そして お医者様がいいました。

 とりあえず 利尿剤で腹水をだしましょう。

 それから CTのある病院に行って もっと詳しく見てもらってください。

 と。

 一週間 利尿剤の強いものでほんとにびっくりするほどお腹は小さく

 なりました。

 体もほっそりしてきました。

 パンパンに張り切っていたお腹は柔らかくなりました。

 この一週間 こんな状態だとは思えないくらいまったくいつもと

 おんなじ元気印のキャバリアちゃんです。

 

 そして今日 CTのある動物病院「つつじヶ丘動物病院」へいきました。

 経過をお話して 再度 レントゲン エコー 

 結果は やはり 同じ事をお医者様はいいました。

 「肝臓にがんがあります。そして胸にも異常があるようです。

 やはり又 腹水を抜いてみせてくれましたが 血色でした。

 所見は いつも行っている病院の先生と同じでした。

 つつじヶ丘病院の先生は まだ 胸に水があるのであと2〜3日

 利尿剤 と 止血剤 を飲ませて 胸の水がなくなってからでないとCT

 ができないと。

 CTをするときには 全身麻酔をします、CTの結果が腫瘍がやぶれて出血

 していても 腫瘍が散らばっていなければその麻酔がきいたままで

 即 手術をします。

 でも ちらばっているようでしたらお腹をひらいてもがんをとることが

 できないので 手術はしません。

 また がんが散らばっていなくてもできている場所によってはそのまま

 弱ってしまって生きていけなくなる場合もあります。

 しかし これなら大丈夫かもしれないという結果でしたら手術をしようと

 おもいますがどちらにしてもリスクは考えられます。

 いずれにしても手術をするかどうかはCTの結果次第。

 

 肝臓は手術が難しいとのこと。

 もし 手術をしなくても治らないのだけど リスクのある手術をして

 その最中に死ぬ もしくは手術ご 体が弱り 死んでしまう

 こともある というならば 手術をせずに薬や利尿剤で元気なまま

 過ごさせて少しでも長く生きていけるようにしていつもの生活を続けさせて

 やった方がいいのではないだろうか....

 

  CTを受ける予定の日は21日

 この日に手術をするかしないか.....を決めなければならない。

 

 もし このような状況になったら どうしますか?

 どうしよう......

 

   この出来事がおこっているのは 我が家の花なのです。

 今も花は元気に尻尾をふっています

 病院に行くときは 自分だけ私と出かけられたのをものすごく

 喜んでいました。

 又 21日一緒ですよ 花ちゃん

 私と二人だけで CT検査のためにお出かけだよ

 また 花ちゃんは喜び 尻尾を振るんだよね

 

 どうか この話しが嘘でありますように どうか お医者様の誤診で

 ありますように....

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    きよ (水曜日, 20 4月 2011 22:56)

    花ちゃんにそんなことが・・・
    辛いですね!!
    わんこには元気で長生きして欲しいけど悲しいかなどうしても病気はついてきます・・
    本当にどうか、どうか病気が治りますよう・・・軽いものになりますよう・・・祈ってます!!

    病院に行くのも自分ひとりだけ連れて出てもらえる事に尻尾を振って喜ぶ姿は胸が痛いです
    私も同じ思いは何度かしているのでよ~~くわかります
    明日、先生から大丈夫でしたよって言葉がもらえたらいいのに・・・