しんたろ やんちゃな奴です

 

 我が家の一員となり すっかり家族のしんたろさん

 

 昨日 2回めのワクチンに〜 と わりと家から近くて2年くらい前に

 できた獣医さんへいきました。

 

 信頼できるワンズが いつもかかっている中島動物病院 はちょっと遠いので

 暑いし ワクチンだし 近くでいいかな ..... と思って 行ってきました。

 

 ところが 熱もなく 食欲もあり ご機嫌もよく 元気な日々を過ごして

 いるのに  しんたろのお尻で 体温をはかった 体温計で ついでだから

 便の状態をみておきますね と 獣医先生。

 

 置くの部屋から 出てきて子猫さんによくある コクシジウム という虫が

 お腹にいるというのです。

 

 ブリーダーのところで引き取るときに すべての健康診断をして 以上なし

 だったのに。

 

 下痢もしてないし 吐き気もないし

  でも 今は まだ症状がないだけで駆除が必要だと。

 

 この 虫は 以前 現在 家出中のあさりが 子猫のときにも

 かかったものでしたから 少しは知識はある。

 

 動物の ほとんどがもともと お腹にはこの虫がいるけれど 抵抗力が

 あると まったく無害で 発病しない

 

 ストレスや 体調が弱いと増えて下痢やその他 深刻な状態になってしまう

 

 そんな 虫だということだった筈。

 だから 虫がいる と言われてもそれは 少しはもともといるのだから

 本当のことなんだろうけど。

 

 まぁ とりあえず 薬を飲ませて一週間後にまた 診察にくるように言われ

 ました。

 

 ところが このしんたろ君

 薬を嫌がる 嫌がる どうにか飲ませても よだれをいっぱいだして 吐き

 だしてしまう。

 

 それどころか 薬を飲ませてから 動かなくなりぐったりとして元気がない。

 フードも食べない

 

 どう考えても 納得がいかない。

 

 2度 飲ませたけど 中止することにしました。

 

 いつもの 中島先生に 見てもらってから 治療が必要かどうか を

 聞いて それからでも遅くはないと思う。

 

 中島病院なら 診察室に顕微鏡と その状態が飼い主と一緒に 確認

 できるように 顕微鏡のシャーレーにのせた検査のものの状態が 見える

 し 先生が説明もしてくれるから 納得 安心なのです

 

 薬をやめた 今日のしんたろ は いつものように 家中 走り回り

 5わんず 相手に 飛びかかって遊んでおります。

 ワンズは えらい迷惑だと 嫌がってますが〜

 

 やっぱり 獣医さんは 信頼できるところに 行くべきやね (^^ ) 

 

 しかし 子猫はおもろいです 又 わんことは違う 明るさがありますね♬